Paritto

使いづらい無料ブログのパワーアップ!機能の充実化、テンプレのカスタマイズ、SEO対策・アクセス数アップ、Webデザイン、お金をかけないでもイケてるブログを作りたい人のためのブログです。初心者にもわかりやすいブログを目指しています。FC2テンプレートも作っています!

-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事と関連する記事

スポンサーサイト

(-)TB(-)

AFTER「ヘッダ背景を画像にブログタイトルを画像に変える

BEFORE「お知らせ:テンプレート「paritto_01」の修正のお願い

2015 04/23

メタデータ(descriptions)・タイトルタグの重複対策

メタデータ(descriptions)・タイトルタグの重複対策

Googleウェブマスターツールを利用したことがある方はわかると思いますがFC2などの無料ブログについてまわるのが「重複するメタデータ(descriptions)」と「タイトルタグの重複」の問題。
メタデータおよびタイトルタグの重複が発生するのはFC2などの無料ブログではページごとに設定できないためです。

またFC2ブログでは同じ内容だけどURLが若干違うページが存在します。
個別記事の場合URLの末尾が、blog-entry-[ 記事番号 ].html と ?no=[ 記事番号 ] があります。
トップページと個別記事ページとコメント編集ページ以外の記事一覧が表示されるページでは複数ページがある場合URLの末尾にページ &page=[ ページ番号 ] がつきます。
コンテンツが同じページのため当然メタデータやタイトルタグが同じです。

コンテンツが重複するとSEOに影響が出る可能性があります。

重複コンテンツが存在すると、コピー
サイトなどの不正の疑いがもたれる
ほか、「訪問者の利便性を損なう」
ものとして、SEO的にマイナスに
働きます。
 
Googleウェブマスターツールにも
重複コンテンツの存在は、検索
ランキングの順位を低下させたり、
削除されて、検索結果に表示され
なくなるということが書かれています。
 
ですから、このような「重複コンテンツ」
を「正規化」することが必要となって
きます。
サイト公開するなら、最低限canonicalタグを使いこなせ! : ホームページの作り方/初心者でも簡単!webサイト作成のコツ

コンテンツの重複避けるためにテンプレートでは、<!--permanent_area-->(個別記事)<!--/permanent_area--> 、<!--category_area-->(カテゴリ)<!--/category_area-->のURLをrel="canonical" でそれぞれ正規化し、先の2つと<!--index_area-->(トップページ)<!--/index_area-->以外の残りのページは content="noindex, follow" でインデックスしないように設定しました。

HTML:トップページ・個別記事・カテゴリ以外のページ
<!--not_index_area--><!--not_permanent_area--><!--not_category_area-->
<title><!--date_area--><%now_year>年<%now_month>月の記事 - <!--/date_area--><!--search_area-->「<%sub_title>」を含む記事の検索結果 - <!--/search_area--><!--tag_area-->「<%sub_title>」のタグを含む記事 - <!--/tag_area--><!--titlelist_area-->全記事リスト - <!--/titlelist_area--><!--edit_area-->コメントNo.<%eno>の編集ページ - <!--/edit_area--><%blog_name><!--not_titlelist_area--><!--not_edit_area--><!--not_date_area--><!--not_search_area--><!--not_tag_area-->の投稿順リスト - <%current_page_num>ページ目<!--/not_tag_area--><!--/not_search_area--><!--/not_date_area--><!--/not_edit_area--><!--/not_titlelist_area--></title>
<meta name="description" content="<%introduction>" />
<link rel="canonical" href="<%url>" />
<meta name="robots" content="noindex, follow" />
<!--/not_category_area--><!--/not_permanent_area--><!--/not_index_area-->

インデックスを減らしたくない

私はトップページと個別記事とカテゴリ以外はコンテンツが重複しやすいしそんなに重要でもないと思うのでインデックスさせないようにしたのですが、ただこれだとインデックス数が確実に減ります。
インデックスが減るのは嫌だという方に一応、トップ・個別記事・カテゴリ以外もインデックスさせるソースコードを書いておきますので書き変えてみてください。
重複しやすいページや質の低いコンテンツはインデックスさせない方が良いと思うので<!--date_area-->(アーカイブ)と<!--titlelist_area-->(全記事一覧)と<!--tag_area-->(タグ)以外のページはインデックスさせないようにしています。

HTML:トップページ・個別記事・カテゴリ以外のページ
<!--date_area-->
<title><%now_year>年<%now_month>月の記事 - <%blog_name></title>
<meta name="description" content="<%now_year>年<%now_month>月の記事 - <%introduction>" />
<link rel="canonical" href="<%url>blog-date-<%now_year><%now_month>.html" />
<!--/date_area-->

<!--titlelist_area-->
<title>全記事リスト - <%blog_name></title>
<meta name="description" content="全記事リスト - <%introduction>" />
<link rel="canonical" href="<%url>archives.html" />
<!--/titlelist_area-->
 
<!--tag_area-->
<!--?tag=タグ タグ検索結果エリア-->
<title>「<%sub_title>」のタグを含む記事 - <%blog_name></title>
<meta name="description" content="「<%sub_title>」のタグを含む記事  - <%introduction>" />
<link rel="canonical" href="<%url>?tag=<%sub_title>" />
<!--/tag_area-->

<!--search_area-->
<!--?q=キーワード 検索結果エリア-->
<title>「<%sub_title>」を含む記事の検索結果 - <%blog_name></title>
<link rel="canonical" href="<%url>" />
<meta name="robots" content="noindex, follow" />
<!--/search_area-->

<!--edit_area-->
<title>コメントNo.<%eno>の編集ページ - <%blog_name></title>
<link rel="canonical" href="<%url>" />
<meta name="robots" content="noindex, follow" />
<!--/edit_area-->
 
<!--not_index_area-->
<!--not_permanent_area-->
<!--not_category_area-->
<!--not_titlelist_area-->
<!--not_edit_area-->
<!--not_date_area-->
<!--not_search_area-->
<!--not_tag_area-->
<title><%blog_name>の投稿順リスト - <%current_page_num>ページ目</title>
<link rel="canonical" href="<%url>" />
<meta name="robots" content="noindex, follow" />
<!--/not_tag_area-->
<!--/not_search_area-->
<!--/not_date_area-->
<!--/not_edit_area-->
<!--/not_titlelist_area-->
<!--/not_category_area-->
<!--/not_permanent_area-->
<!--/not_index_area-->

meta description を削除する?

やはり meta description をページに設定できないのでFC2ブログの変数を使っても限界があります。
meta description の重複が解決できなければ meta description を消してしまった方がいいのかもしれません。

もし「Meta description」を削除した場合、どうなるのか?
どうやらGoogleがサイト内の情報から自動的に説明文を作成してくれるようです。確かに検索結果など、自動的に文章が作成されている時があります。
Meta descriptionを削除した! : WordPressの実

試してないので効果のほどはわかりませんがもしかしたら重複問題も解決するかも。

この記事と関連する記事

メタデータ(descriptions)・タイトルタグの重複対策

テンプレート

スレッドテーマ : SEO対策 ジャンル : コンピュータ

(-)TB(-)

AFTER「ヘッダ背景を画像にブログタイトルを画像に変える

BEFORE「お知らせ:テンプレート「paritto_01」の修正のお願い

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。